キャンペーン

【みずほ銀行】みずほWallet・QuickPay(クイックペイ)支払いで20%還元キャンペーンは~12/15まで。休眠口座でもOK!

みずほ銀行 20%還元キャンペーン

 

消費税が10%に増税されて2ヶ月経とうとしていますが、

各種キャッシュレスの還元キャンペーンを利用して、

増税前よりもおトクに買い物が出来るケースが沢山ありますね。

我家は主な支払いはクレジットカードを使用しており、これにプラスして

大きなキャンペーンがあれば各種Pay払いでおトクを享受しようとしています。

LINEPayの20%還元キャンペーンでデビューしたため、20%という響きになれてしまって

5%還元と聞いても心躍らなくなってしまっています。慣れって怖いですね。。

ところが今、20%還元というビッグなキャンペーンが3つあることをご存知でしょうか。

JCBカード・三井住友VISAカード・みずほWalletの3件ですが、

数日前から私が利用している、みずほ銀行のキャンペーンについて紹介します。

みずほ銀行のキャンペーンは、既にみずほ銀行に口座を持っている人も対象で

新規に口座開設する必要はありません!長らく使っていない、休眠口座でも大丈夫!

みずほ銀行に口座をお持ちの方は、是非20%還元のおトクを頂いてしまいましょう!

このような方に読んで欲しい
  • みずほ銀行に銀行口座を持っている(残高ゼロでもOK)
  • スマートフォンを持っている(対応機種は要チェック!)
  • おトクは好きだけど、新しい口座開設やクレジットカードを作るのは面倒臭い

みずほWalletご利用感謝キャッシュバックとは

メダオ
メダオ
アツいキャンペーンなんだね。
メダカ
メダカ
おトク過ぎる!説明していくね。

特典

最大10,000円キャッシュバック

20%還元で最大10,000円なので、利用金額の上限は50,000円(税込み)

キャッシュバック対象期間での累計金額です。

キャッシュバック対象期間

2019年8月29日 木曜日~2019年12月15日 日曜日

キャッシュバックの実施は2020年3月下旬)

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]2020年3月17日(火)キャッシュバック済み♪

メダオ
メダオ
8月からやってたの!?12月15日までってあと3週間しかない!
メダカ
メダカ
そうなの。もう終了まで3週間だけど、口座をもっているならすぐ始められるよ♪

キャッシュバックを受ける為の条件4つ

Android・iOS共通です。

  1. みずほWalletアプリをダウンロードする。
  2. Androidの場合は「Smart Debit」を発行又は「みずほJCBデビット」を設定し初回登録。iOSの場合は「Smart Debit」を発行して初回登録
  3. 専用ページからエントリー
  4. お店で「QUICPay(クイックペイ)で」と伝えてお支払い。

アプリのダウンロード用QRコード、初回登録方法等は、

みずほ銀行のHPに各ステップごとに画像付きで説明されているので、

パソコンでステップを確認しながらスマートフォンに設定すると良いでしょう。

AndroidとiOSで設定方法が多少異なります。iOSの方は下記の赤い囲みをクリック。

みずほ銀行キャッシュバック iOSの場合

iPhone(アイフォーン)をご利用の場合は更におトク!

対象期間:2019年11月1日 金曜日~12月15日 日曜日

(キャッシュバックの実施は、2020年2月下旬を予定)

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]2020年2月21日(金)キャッシュバック済み♪

iOS、つまりiPhoneで対象期間にSmart Debitを新規発行し、

更にMizuho Suicaも新規発行すると、

チャージ金額の20%(最大1,000円)をキャッシュバック!

(キャッシュバックの対象となるMizuho Suicaのチャージ金額上限は5,000円)

メダオ
メダオ
おトク過ぎる!!
メダカ
メダカ
登録する手間は同じだから、一緒にやってしまうのがイイね!

対応の機種は要チェック!

私がQUICPay(クイックペイ)を利用するようになったのは、つい最近です。

先日は利用しようとしたら利用出来ず、このようなツイートをしていました。

QUICPay(クイックペイ)を使うためではなく、

モバイルバッテリーを常に2つ持ち歩く生活を止めるために機種変更をしましたが

機種変更したことでQUICPay(クイックペイ)を利用出来るようになり、良かったです。

Androidの場合

  • おサイフケータイ アプリ6.1.5以上かつAndroid5.0以上

iPhoneの場合

  • iPhone 7以降のiPhone
  • Apple Watch Series 2以降のApple Watch

みずほWalletをおススメする理由

メダオ
メダオ
うちってみずほ銀行使ってたんだ?
メダカ
メダカ
昔作って今は利用していない口座が2つあったんだよ♪
メダオ
メダオ
えっ!?2つも!?
メダカ
メダカ
なので、今回その休眠口座2つを設定しましたので、キャッシュバックも2倍!です。

口座を持っている人なら誰でもOK

新規でみずほ銀行の口座開設をした人はもちろん、

みずほ銀行に口座を持っている人なら誰でもキャンペーンに参加可能です。

現在使っていなくても、残高がゼロでもOK!

1口座ごとに登録出来ますので、2口座持っていたら口座の数だけ

キャッシュバックを受けることが可能です。

これは、私のiPhoneのWalletアプリの状況です。左側に赤い丸囲み数字を振っていますが

①~⑤まで5枚登録されています。みずほ銀行の口座を2つ持っていますので

①と②はみずほ銀行、③と④はそれぞれMizuho Suicaを発行しました。

⑤は現在、JCBカードも20%還元キャンペーンを行っていますのでJCBカードです。

みずほWallet登録状況

モバイルSuica(スイカ)が使える

交通費系ICカードは既にPASMO(パスモ)を日々利用していますが、

今回初のモバイルSuicaを使えるので嬉しいです。しかもキャッシュバック付き!

どんどん、携帯端末1つで出来ることが増えますね。

使いすぎを防止出来る

MIZUHO Smart Debit(みずほスマートデビット)という名前の通り、

これはデビットカードです。

キャンペーンの登録や設定は銀行口座の残高がゼロでも可能ですが、

実際にクイックペイで支払をする時には、みずほ銀行の口座に残高がないと使えません。

支払いで利用した金額が、即時、銀行残高から減っていく仕組みです。

私はキャッシュバックの上限50,000円とスイカの上限5,000円、予備5,000円で

それぞれの口座に60,000ずつ入金して今回のキャンペーンに備えています。

銀行口座の残高以上は使うことは出来ないので、使いすぎの防止にもなりますね!

生活圏に利用できる店舗がある

12月15日までのキャンペーンなので、限度額まで無理して使う必要はありません。

QUICPay(クイックペイ)のページで利用できる店舗を確認してみましょう。

私は近所のスーパーでQUICPayの支払いが可能になったことが大きいです。

また、来月予定している旅行先のホテルがQUICPay対応なので、十分使い切れそうです。

またもし限度額まで達しなかったら、行きつけのクリーニング屋さんで残額をチャージ、

整体の店でギフト券を購入しておく予定です。

まとめ

現在行われている20%還元キャンペーンは

JCBカード・三井住友VISAカード・みずほWalletの3件です。

今回は、口座を持っていればおススメ!な、みずほWalletについてご紹介しました。

口座をお持ちの方、もったいないので是非利用してみてください!

QUICPay(クイックペイ)での支払方法が心配な方は、公式HP

で確認していくと、レジ前でも焦らずスムーズですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です